未整理記事 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > カテゴリー - 未整理記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホントに本屋やりたくなってきました

八歩書店というブログタイトル名を打ち出してますが、もともと新規事業のプランナーとして生きています。

好きな囲碁は、自分でも苦労して自力・独学で、有段者のはしくれくらいには打てるようになりましたが、なあに、独学といっても、それは、いい本があり、Webサイトには、惜しげもなくいいことを教えてくれる人がいます。

その代表が、SNS goxiです。 

囲碁の勉強には、やはり棋書が欠かせないと思います。
ところが、若くしてプロになったようなヒトや、アマチュア高段者は、もともと天賦の才があるので、あまり本に頼らないで強くなっています。

だからといって、そんな人のいうことを真に受けて、
「プロの棋譜を毎日何局がならべれば、自然に強くなるものです」
というのを実行してもそのうち飽きちゃうかも知れません。

棋力アップのタイミングに合わせて、適切な本にめぐり逢えたら、初段くらいにはすぐになれそうです。


えーっと、ちょっと前置きが長くなりましたが、知人が、ネットで書店をやりたいと言いだしました。

希望してることを全部言うから、それを整理整頓して、事業になるように考えてほしいと言う話です。

この段階で私のクライアントということになりますから、中身についてべらべらとしゃべるわけにはいかないのですが、彼から聞いた話がとても面白く、また、わたしの知らない世界だったので、本好きの方には興味深いかなと思って、記録します。

まず、ネットで古書の販売が非常に伸びているということ。
それは、アマチュアがゲーム感覚で出品しているオークションと、売上課金の代わりにイニシャルコストが小さい楽天、アマゾンと、定額(フランチャイズ)のスーパー源氏というところがある。

ポイントは在庫管理と送料。
本の仕入れもポイント。

他にもいろいろと教えてもらいました。

で、考えて見ました。

これ、本好きの人がやればかなりうまくいくビジネスです。

ただし、在庫~注文のデータベースを作り、在庫の本を3方向+欠陥部分位の写真情報として掲載するようなシステムを作りたいな、という気がしました。
今は、どこも、使いにくいシステムを高額でいれたり、あるいは、ITは苦手だと言って、せいぜいエクセルを苦労して使っている程度ですが、本専用のコード体系を利用して、バーコード管理と、ICタグ管理を併用すればいいわけでして、ここがクリアできるかどうかで書店のオペレーション可能な規模が決まります。
一日十件の注文が来るくらいの規模なら、家賃とアルバイト費用を払ってトントン。


そうやって、一日に100冊の本をネットに商品としてアップし続けるとし、経営が安定した状態が100冊売れる状態と考え、一冊500円とすると、一日5万円。一年に300日実動として、1500万円。
仕入れと家賃他を600万円に押えれば、なんか、普通に食っていける事業みたいです。

だから、好きじゃないとやるべきではない事業みたいな気がしています。




ちまちました、個人の仕事で、本が大好きで・・・・・
年金もあてにならないから・・・・・
というヒトなのですが、もともと大がかりなシステムをいじってる人なので、どうも話は大雑把ですが、その方が、細部の立てつけがしやすいです。



これだけだと、単なる古書店だけど、囲碁の本に特化したらどうなるかな・・・・・
って、ちょっと考えて見ました。

彼は碁をやらない人なのですが、長年システム構築にかかわってきたヒトで、いろんな会社が採用しているポイント還元のシステム作りや、e-コマース(カートに入れるとか、レジに行くという、ネットの販売の仕組み)を作ってきた人なので、システムは原価で、自分で作ることになります。

電話で話ししてるうちに、だんだん私が乗せられて、もしかしたら一口乗ろうかな・・・・・
と思い始めました。

ネットの古書店といっても、在庫を発送する作業場が必要ですから、そこに在庫をきちんと陳列して、来店した人には現物で選んでもらえるようにして、飲み物と、囲碁スペースがあればOKです。

これって、碁会所と連携がとれたら、面白いかな、とも思い始めました。

筋の悪いアイデアだと、このくらいで思考停止に陥るものですが、これは、もっともっと膨らみそうです。

こういう、小さな事業の計画、うちのチームに得意な人・・・・
いないんだよな・・・・・・
あ、だから私に勉強しろということか・・・・・
スポンサーサイト
[ 2010/08/08 12:42 ] 未整理記事 | TB(0) | CM(1)

たまには将棋の話題も


ariyosi.jpg第67期将棋名人戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の順位戦C級2組最終戦が10日、東京と大阪の将棋会館で一斉に指され、負ければ引退の可能性があった現役最年長の有吉道夫九段(73)=兵庫県宝塚市在住=は高崎一生(たかざき・いっせい)四段(22)=東京都在住=に勝ち、来期も現役続行する権利を自力で勝ち取った。

 有吉九段は「最後の一局になるかもしれなかったので、悔いの残らないように、とだけ思って臨んだ。本局は非常にうまく指せた。命拾いした」と語った。



くわしくは、こちら⇒○◎●

将棋には、勝てなくなると引退に追い込まれるという厳しい仕組みがあり、それだけに、今回の有吉九段の勝利は賞賛に値します。

私が新聞の将棋欄を食い入るように見ていた中学生、高校生のころ、加藤一二三、大山、升田、灘、中原、といった、大スターの一角に有吉九段もいて、格調高い居飛車、合い懸かり戦、矢倉戦を展開しておられました。

その当時、大山名人は、中飛車か四間飛車に決まっていて、大山、有吉戦は田舎の中学生としては絶対に見逃せない対局でした。

あの頃は、新聞が来るのが待ち遠しかったです。

そういう、わくわくするような対局を、今、囲碁で棋士がやっているかどうか。

やっているんだけど、取り上げてもらえないのかな。

週間碁や碁ワールドの企画が下手なんじゃないかな・・・・

高齢の現役九段(60歳以上)と新鋭4段(25歳以下)の真剣勝負なんて、企画しませんか?

盛り上がると思いますよ。

有吉九段が勝ち、来年もプロ棋士を続行するということが、清涼剤のようなさわやかさを与えてくれました。

これからも、しばらくは、若手を痛めつける役でがんばってください。若手に混じって、戦っている有吉九段に拍手を送ります。

最近ランキングが低迷しております
ぜひ、激励のポチをおねがいします
ブログセンターランキング

人気ブログランキングへ

 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!










[ 2009/03/11 13:18 ] 未整理記事 | TB(0) | CM(2)

昭和を懐かしむ

今日から、投稿小説の予選がまた、始まりました。
今回は、ちょうど昭和50年頃の御茶ノ水、上野、浅草あたりのことを書きました。

浅草 お御籤 ぺたぺた小旅行 [八歩]

昭和50年頃の一流棋士が書いた「囲碁」巻頭言をポツリポツリと紹介していますが、その後の皆さんの健闘を思うにつけ、ここに書かれていることはいい助言なのだなあ、と思います。

そして、当時の囲碁熱を思い出さずにはいられません。

img55466757.jpg
大学の生協書籍部には、囲碁の本が並びました。

棋士としては、加藤剣正本因坊が、とにかくかっこよかったですね。

扇子が欲しくて、わざわざ日本棋院まで行って買いました。

それをみた、女友達が、「かっこいい、私も買いたい」というので、日本棋院の場所を教えてあげたことがあります。もう、三十年も前のことです。
[ 2009/02/06 11:14 ] 未整理記事 | TB(0) | CM(0)

杉浦日向子さんの本

囲碁本のコーナーのとなりに、杉浦日向子さんのコーナーがありました。
杉浦さんは、囲碁・将棋を嗜んだのかどうか・・・・この部分に触れられたことはなかったように思いますが、江戸時代と囲碁・将棋は切ってもきりはなせないものです。

杉浦さんが先生格で出演していた「お江戸でござる」を、出張先のテレビで時々見たことを本屋で思い出した。
追悼と書かれた帯の、杉浦日向子コーナーを見て思い出したのです。

[ 2009/01/25 12:11 ] 未整理記事 | TB(0) | CM(0)

投稿小説に囲碁で参戦

投稿小説の遊び方を探っています。


→●○宙太と由紀とオセロと囲碁 [八歩]

数学科の女子大生が恋をして、オトナの入口に立っている、その甘酸っぱさを、昔のことを思い出して書いてみました。


若い人がケータイをずーっと見ているのは、あの小さな画面で小説を読んでいるのだということを、身近に認識したのは去年の秋くらいでした。

[ 2009/01/12 21:51 ] 未整理記事 | TB(0) | CM(1)

ゲームソフトの囲碁

ニンテンドーのDSで、囲碁のソフトはどんなのが・・・と、調べてみたら、「誰でもカンタン! 趙治勲の詰め碁」が出てました。

基本詰め碁が一目でわかるかどうかで、囲碁の強さ、楽しさが左右されます。

私は、いつも使ってるノートパソコンに、詰め碁と手筋を入れてますが、DS持ってたら、きっとこれは買うだろうなと思います。



ニンテンドーDSの囲碁ソフト






パソコン用の詰め碁のソフトもチェックしてみました。

詰め碁君Ⅱ、手筋の達人が私の愛用です。
攻め合いの達人も持ってます。
パソコンの画面で見ると、本よりも視覚的に捉えやすいです。

詰め碁のソフト

非常に多くの種類があります。
ひとついかがですか?

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




一日一回、応援をおねがいします



 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!









[ 2009/01/10 00:04 ] 未整理記事 | TB(0) | CM(2)

初詣に

初詣先の神社には、いろんなおみくじがあり、英文みくじというのに、とても心が引かれました。

ふぉーちゅん すりっぷというのか、覚えとこう・・・・と思ったのですが、Omikuji のほうが通じるのではないかとも思いました。 
国際化
 

英語の勉強にもなると書いてあるが、軽く迷って・・・やめました。
今年一年が、大過なく過ぎますように・・・・

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




一日一回、応援をおねがいします



 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!









[ 2009/01/08 16:42 ] 未整理記事 | TB(0) | CM(1)

ネット書店のトラブル

ネットで注文した本が一ヶ月たっても届かないというトラブルを経験しました。

顛末はこういうことです。

楽天ブックスのポイントがたまっていたので、それを利用して碁の本を注文しました。 その本は、楽天ブックスの在庫にはなく、提携先に問い合わせをするという商品でした。

人気ブログランキングへ

↑続きを読む前に・・・・
[ 2008/12/30 08:01 ] 未整理記事 | TB(0) | CM(3)

読書の時間に参戦中(途中経過報告)

読書の時間 の、ゲームというお題を見て、囲碁こそ、キング オブ ザ ゲーム だ、と思っている私は、たちどころに、応募のリミットである3作を応募して、予選通過5作品の過半数を制圧しようと考えたのです。

[ 2008/12/06 00:37 ] 未整理記事 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。