→私の対局 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > カテゴリー - →私の対局

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

速報

はちまん碁

【棋譜再生】
スポンサーサイト
[ 2009/04/10 21:28 ] →私の対局 | TB(0) | CM(0)

はちまんプロとはっぽーアマ

西棋院のはちまんプロと八歩アマが、本日、4月10日 対局します。

これは気合を入れなければ、とおもい、「はっぽー3D」となって、昨晩、韓国サーバーで打って来ましたが・・・・・ww、負けちゃいました。3Dは二勝二敗・・・・立て直さないと・・・・・

最近、仕事がすこしだけ忙しくて、電車の中でも「Zard」や「岡村孝子」を聞いて(元気づけ)、詰め碁なんかやってないからだと思います。

もちろん、プロとは5子で「指導碁」というお約束ですから、こてんぱんにやられて、序盤からぼろぼろということはないだろうと思ってます。

そこは、ほれ、向こうもプロだから・・・・・・

本日夕方7時から、東洋囲碁のイベントサーバーで実施されます。

指導碁というのは・・・・ま、人それぞれに定義はあるのですが、置き碁では、黒が優勢ですから、白はあんまり無茶をせずに、いわゆる「正しい」打ち方をして、黒も間違えなければ、黒が勝つが、それでいい、という碁です。

ここは、ひとつ、敬愛する梶原武雄九段にご登場いただき、五子の心構えを教えていただくことにしました。

五子の布石

「置き碁」と呼ぶには、最もピタリとあてはまるのは、この五子局と四子局であろう。九子局や七子局は、どのようにころがしてみても黒の勝利は疑いなく、梶原が申したような、少し気の利いた打ち方をすれば、百目くらい勝つのはいとも簡単であった。
五子局ともなると、そうは参らない。三連星がひとつもないために、置石と置石との間隔がまるで遠く、六子局などと比べると、ずいぶん心細いように思える。

事実、うわ手から見ると、六子以上の碁は、黒がよほどヘボでないと勝てないと思うが、五子になれば、ずいぶんと局面も広く、白にも作戦の余地が生じてまことに楽しみなものである。



ありゃりゃ、必勝法を伝授していただこうとおもって、「梶原流置き碁必勝法」をひもといてみれば、なんだか、うわ手がてぐすね引いて待ってるような気さえしてきました。

引用を続けます。

その意味において、五子局になると、した手もある程度のヨミの力や高度の感覚が望まれる。およそ、置石一つの差が最も大きいのがこの五子局と六子局の間ではあるまいか。あえて、梶原が「中級置碁」と名づけたゆえんである。



オヤオヤ、ますます不安になってくるようなことが書いてあるなあ。

梶原先生の本は棋譜だけを追うことにして、五子なら勝てるぞ、という気持ちになるように仕向けなきゃいけないな・・・・・


石倉昇九段に9路盤コミなしジゴ、黒滝七段に19路盤5子で1目勝ち、というのが昨年のリアル碁の指導碁結果です。

九路盤のほうは、紙の碁盤と碁石でうったこともあり、ぜんぜんプロとうっていただいた気がしませんでした。

黒滝七段は、これからもっと上を狙う気鋭のプロだという認識をしていますから、多面打ちとはいえ、五子で一目残したのは、よくやった、と自分をほめてやることにしました。

Goxi で フレンドの時猫君(東洋囲碁で7,8段くらいと聞いたことがあります)に四子も置かなくちゃならない私が、プロに5子というのはきつくないか・・・・・とおもうんだけど、東洋囲碁の3Dだったら、5子くらいでうてなきゃならないかな・・・・・・とも思います。



はちまん先生のブログを見て、研究しようとおもったけど、競馬のことしか書いてないじゃないか・・・・・こりゃ、まけられないぞ^^

でも、手がかりがない・・・・・・・

みなさん、ぜひ、応援よろしくおねがいします。



最近仕事が忙しくて、ぜんぜんブログの更新をしてませんでしたら、あららら、はちまんせんせいより八歩書店がしたになっちゃったじゃない。

よし、がんばって、一勝して、このブログに、喜びの自戦記を掲載するぞ!

なんてことを、ここに書いちゃうと、はちまん先生も、「絶対にコテンパンにノシてやるぞ」とおもうかもしれないけれど、だめですよ・・・・・・そんなことしちゃ。

追い上げて、最後に一目白が勝つような、そういう芸を披露してくださいね。


がんばれ、八歩!(ほんじつは、ひらがなの「はっぽー」で東洋囲碁でおめにかかりましょう)

[ 2009/04/10 14:23 ] →私の対局 | TB(0) | CM(0)

楽しい国際交流

一局、お目汚しになりますが、私の対局を掲載します。

おまけに、下手な英単語を並べたチャットも掲載します。

さいしょに、見苦しいことをお詫びしますww

いえいえ、棋譜そのものに意味があるわけではなく、これで、盤面黒六目、すなわち、白が半目勝ちという証拠の品として掲載するんです。

一度終局したら、白(私)の半目勝ちと出ました。

そういう細かい碁だったので、最後の半コウを一個づつツグまで丁寧によせたわけです。
そうして、白半目勝ち、と出たら「結果を認めない」というわけです。

それで、数手、お互いに無意味な手を打って、もう一度死石を指定したら、こんどは、黒さんが、指定終了しない、という手口です。

時計は止ったままです。膠着状態・・・・・

[ 2009/02/01 16:41 ] →私の対局 | TB(0) | CM(2)

東洋囲碁 中国サーバーの事件

東洋囲碁(タイゼム)を最近主戦場にしています。

中国や韓国の囲碁好きと打つと、思いもよらないところから手をつけてこられたり、少々無理気味の手を打たれたりし、それがなかなか勉強になるのです。

彼らと渡り合い、勝っていくためには、超概算の目算と、部分的な死活や手筋をレベルアップしなければならないな、ということも分かってきました。
[ 2009/01/21 15:55 ] →私の対局 | TB(0) | CM(0)

NHK杯の楽しみ方

昨日、日曜の二時過ぎに、電話でご近所に住む、碁友Sさんから囲碁コールがありました。
いつも、NHKの囲碁放送が終わったころにかかってきます。

自転車で10分のところに、碁友がいるというのは、首都圏のマンション暮らしではなかなかありがたいことです。
さっそく、訪問しました。

今日は、日ごろより、ワンランク上の出迎えです。 コーヒー、クッキー、座布団。
虎ジマの猫ちゃんもおでむかえしてくれて、来賓の扱いです。

今日は、日ごろのように置き碁の対局と言うのではなく、Sさんが考えた囲碁上達法の応援です。
[ 2008/11/24 10:30 ] →私の対局 | TB(0) | CM(0)

棋譜を掲載しようとしています(テスト中)

北海道在住の方と、ネット碁で、七番勝負をやっています。

これは第三期七番勝負の第5局です。

せっかく碁を打つんだから、ギャラリーにも集まってもらって、大袈裟にやってます。

なんと、天弦戦という名前をつけて楽しんでいます。
さすがに、「天元」とはいえなくて、一文字変えています。

このほかにも、「迷人戦」 「奇声戦」 「銃弾戦」などが、勝手に名乗られて、実施されています。

[ 2008/11/17 21:56 ] →私の対局 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。