→定石・布石 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > カテゴリー - →定石・布石

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初段の壁を破る

いい本が出ました。

碁の戦術

初段になるためには、基礎体力である読みを鍛えることと、定石の常識、実戦経験三本立てで考えると良いと思います。

定石を勉強したり、実戦で経験をつむに当たって、一応理解しておきたい考え方の整理に役立つ本です。

スポンサーサイト
[ 2008/11/26 18:20 ] →定石・布石 | TB(0) | CM(2)

序盤の考え方

囲碁には、この一手や、正解といったものが非常に少ないと思います。
特に序盤では、どこに打っても一局なので、ここで紹介することも、八歩はこのように考えたということです。

一ケタ級の認定獲得を目指している方の13路盤4子局です。

 13路原図


この段階で、白に走り回られています。
[ 2008/11/25 08:33 ] →定石・布石 | TB(0) | CM(0)

一手に対して求めることはなんだろうか

Goxiスクエアでは、初段を目指す級位者リーグは毎晩続々と対局が進んで行きます。

勝敗よりも、自分の欠点を見つけて向上したいという人たちが集まっているので、コメントのし甲斐があります。


今回は、何気なく打たれた黒17の一手について、初段にあと三歩の白番のSさんにコメントを考えてもらいました。

こうやって、自分がすべきコメントを、人に振ることにより、

[ 2008/11/21 00:32 ] →定石・布石 | TB(0) | CM(0)

はめ手対策

危ない手に対しての感度をどうやってあげればいいでしょうか。

意識して、はめ手で引っ掛けてやろうという人とネットで対局することがあります。
私は、そういうはめ手にはほとんど引っかからないのです。

なぜかというと、はめ手マニアとも言えるほど、はめ手や新手の本をもっていて、ほとんどの形を一応見ているからなんです。

はまらないためには、一通りそういう危険な手をチラとでも見ておくことが必要です。

はめ手というのは、ムリがある手なので、打たれるとびっくりしたり、かっとなったりします。あるいは、変な手だなあ、とあきれたりします。

しかし、そういう手のムリを正しくとがめないと、すぐに不利になります。

無理が通れば道理が引っ込むとはこのことです。

[ 2008/11/16 18:58 ] →定石・布石 | TB(0) | CM(0)

下がりの価値

Goxiのフレンドで、ときどきネット対局でアドバイスをしている弟子の対局から。

gobann1.jpg  


右上の形を見て、R18の下がりがないのが気になると思います。

では、なぜここを打たずに実戦は8と打ったのか。

その考えを一旦受け止めないことには、指導は出来ません。


子供だったら、こういう形では、下がりをうつもんです、わかりました、ネ。

でいいのかもしれませんが、おじいちゃん、おばあちゃんのお世話をし、ご主人に弁当を持たせ、子供を学校に送り出しているオトナに、

「問答無用、覚えなさい」では、通りませんね。

なぜ右上は一段落と判断したかというと・・・・・

黒は、右上はもう、R18にはねられても、R16に切られても大丈夫。

序盤で二線に打つのは価値が低いと思った。

一番薄くなったと思われる上辺の一子に声援を送った。


という考えだったのです。

これは、非常に立派な見識であり、見解であると思います。

それに対して、あなたなら、どういう説明をして、R18の大きさを納得してもらいますか?
[ 2008/11/14 15:49 ] →定石・布石 | TB(0) | CM(0)

10級~1級の人にすすめたい2冊の本

10級から1級の人が、有段にチャレンジするために、お薦めの二冊


ひと目の詰碁―やさしい問題を反復練習 (MYCOM囲碁文庫)

趙治勲さんは、ビッグタイトルを取れるだけとり、史上最強の称号に相応しい囲碁史に残る巨人です。
彼は、自分の弟子には基本死活を一目でわかるように覚えさせるといいます。
プロとは比べる必要もありませんが、やさしい問題を集成した「一目」シリーズは、実績のある名著です。皆さんにお薦めしています。


石の形 集中講義―楽に身につくプロの感覚 (MYCOM囲碁ブックス)

名誉棋聖藤沢秀行氏の高弟、三村智保九段が、わかりやすく、効率のいい石(=愚形の避けかた)をとことん解説しています。
石の正しいツギ方、重い石、軽い石。
何度も目からウロコが落ち、形が良くなる一冊。

愚形を作るということは、一手パスに近いのです。そうならないように形よく石を配置していけば、最後には、地が多くなったり、相手の石が取れたりします。

級位で足踏みしている人は、基本手筋に疎いか、あるいは、石の形が崩れてしまうか、このどちらかの可能性が高いです。


なにか参考になりましたら、応援をおねがいします

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!










[ 2008/11/12 15:19 ] →定石・布石 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。