■囲碁書籍の紹介 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > カテゴリー - ■囲碁書籍の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

実力五段

実力五段囲碁読本

囲碁を打ち始めて、時々碁会所にも通うようになったころ、あこがれていた本と古書店で出会いました。

実力五段囲碁読本シリーズです。

「キカシを考える」「悪力対策」「厚く打つ」など七冊出版されていますが、今回見つけたのは「厚く打つ」。

実力五段囲碁読本⇒○●◎

スポンサーサイト
[ 2009/03/23 10:16 ] →書評 | TB(0) | CM(0)

囲碁の新常識

NHKの定石講座でおなじみの石田芳夫先生が、定石と布石の新常識をわかりやすく説明しています。

初段程度以上の常識を前提としているので、初級の方が定石の勉強をするのには適しませんが、有段者で、「最近、プロの碁でみる打ち方をもう少し詳しく知りたい」という方は、ぜひとも目を通したい一冊です。

定石35型の中には、つい先日もネット碁で打った形なのに、この本ではっきりと駄目出しされているものもありました。
kake.jpg


[ 2009/02/19 01:36 ] →書評 | TB(0) | CM(2)

梅沢先生の講座がホワイエで開講

梅沢ゆかり先生の囲碁教室が国分寺ホワイエで始まります。



くわしくはこちらからどうぞ

まったくの初心者のかたが、19路盤で打てるようになるまで、半年かけてやっていくとのことです。

別に、宣伝を頼まれたわけではないのですが、これから囲碁を覚える方には、ホワイエのような上質な空間で、梅沢さんのような美しくて強い棋士から教えてもらえれば幸せであろうと思ったのです。

半年(全12回)の会費が三万円というのは、安すぎないでしょうか?

[ 2009/02/18 08:14 ] →棋士で選ぶ | TB(1) | CM(0)

王メイエン九段の二冊の本

Goxiのフレンド Kさんが、メンバー向けの棋書レビューを書いていたのよみまして、ご本人にお願いして、八歩書店にも掲載させていただくことにしました。

本のレビューというのは、そのジャンルのことに詳しいアマチュアが書くものが一番面白く、なおかつ、参考にもなると思っています。
もちろん、アマチュアだけに、どこの誰が書いたのかわからないようなレビューもアマゾンや楽天ブックスで見かけますが、そういうのは読み手の私たちが取捨選択することでしょう。

[ 2009/02/08 11:26 ] →棋士で選ぶ | TB(0) | CM(0)

ヒカルの碁(完全版)って何?

Goxiで知り合う若い人は、ほとんど例外なくヒカルの碁を読んでいます。

私もヒカ碁世代の娘と息子を持ち、彼らの導きにより全巻を揃え、勢い余ってもう一組ブックオフで大人買いして、貸し出し用とし、今は貸し出しセットは、アメリカの甥の手元にあるはずです。

[ 2009/02/04 13:31 ] →ジャンルで選ぶ | TB(0) | CM(0)

六冊の囲碁の読み物

最近、「八歩書店」と掲げながら、本のことに触れないのは、あまりに商売不熱心(?)ではないかと反省し、六冊、本を紹介します。

ブログに、このように本を横に並べるのって、けっこう苦労しました。

ま、それはどうでもいいことですが・・・・・例によって、古い本ばかりで恐縮です。

続きをみるまえにランキングを
人気ブログランキングへ

    ↑
最近将棋ブログに負け気味です
応援ポチをお願いします(ペコリ)




[ 2009/01/24 23:59 ] →書評 | TB(0) | CM(0)

プロ同士の置き碁

戦って勝つうわ手攻略法は、置き碁の名企画本です。

なにせ、対局者がすごい。

 趙治勲 四子  小川誠子 白

 武宮正樹 三子 石倉昇 白

 梶原武雄 四子 依田紀基 白

こういう組み合わせで全12局。

一流プロがシタ手の立場で石を置くというのが、まず珍しいですね。


2000年3月出版となっているから、趙さんが名人、本因坊、棋聖を総取りのときです。よくまあ、こんなビッグネームがたくさん置いて打ったものだと思います。

武宮さんが三子置いた対局の宇宙流っぷりを、したに掲載しますね。
おもしろいです^^
人気ブログランキングへ

  ↑
ランキング応援よろしく~♪

[ 2009/01/10 18:19 ] →ジャンルで選ぶ | TB(0) | CM(0)

赤塚不二夫さんの囲碁

赤塚不二夫さんが囲碁の入門書を書いていたことを思い出して、検索してみました。

その本の題名が、この二つであることはすぐにわかりました。

「ニャロメのおかしなおかしな囲碁格言」

「ニャロメのたのしい囲碁入門」

復刊リクエスト投票というサイトにいきあたり、ハンドルネームくらいは存じ上げている方の名前を見つけました。


復刊リクエスト投票

2008.11.27 igotti 楽しく入門できそう。
2007.07.29 ポール 漫画で楽しく囲碁を学べたらと思って、希望しました。
2005.01.27 aggy 囲碁を再入門したい。
2003.05.31 s-blue 囲碁に関する本は復刊させたいから。題名が良いから




私は、本自体は読んだことがないのですが、家庭教師をしていた学生時代に小学生の本棚にあるのを見た記憶がありました。

赤塚さんがおそ松君で大人気になり、小学校の朝礼で、校長先生が「みなさん、シェー、をしてはいけません。禁止します」と発表され、即座に「シェー」をやり、廊下に立たされたくらいに、教育現場と赤塚漫画は相性が悪かったのですが、赤塚さんは、理科や社会など多くのジャンルの楽しい勉強モノを書いています。麻雀の入門書もあります。

肩に力をいれずに、ご自身が面白いなあ、と思ったものの、面白さを表現する天才だと思います。

復刻されたチビ太のおでんも好評だと聞きます。

どういう説明をしているのかな・・・・・天才、バカボンの生みの親が、どんな入門書を書いているのか、知りたいと思いました。

中古書籍に何千円も払ってまで見たいわけではありませんが、図書館や、知り合いの手元にあったら、一度は見ておきたいな・・・・というくらいには興味があります。
 


写真がないとつまらないので、さがしてみましたら見つかりました。
小さい画像ですが、楽しさが伝わってくるようです。
 
nyuarome2.jpg


田舎の小学校の図書館の片隅なんかに、あるのかもしれませんね。

もしかして、あなたの本棚のどこかにありませんか?

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




一日一回、応援をおねがいします



 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!











[ 2009/01/07 16:29 ] →書評 | TB(0) | CM(3)

捨石の極意/日本棋院

最近、手筋一閃で勝ちを呼び寄せる碁が割合に多いです。 
その理由は、魔力のとりこになりましたで紹介した魔力シリーズ、時間ができると見るようにしているので、感度が上がっているからだろうと思っています。


人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

  ↑
続きを読む前にポチ
[ 2008/12/26 15:10 ] →書評 | TB(0) | CM(0)

週刊碁と月刊誌

毎号欠かさず買うんだったら、宅配の定期購読をおすすめします。
年間購読なら送料はネット書店持ちです。
 
[ 2008/12/17 20:39 ] →ジャンルで選ぶ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。