八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > アーカイブ - 2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初段を目指す参考に(ヨセの本)

初段前後(ネット碁だと、サイトによりますが、二、三級だったら、街中の碁会所で初段で十分でしょう)になり、石の形がしっかりしてきて、戦いの方向についても敏感になってきたと、内心思っている人が悩むのが、ヨセに入ってからの逆転負けです。

あれさえなければ、勝っていたのに・・・・・と、「のに・・・たら・・・・」が出るんですが、そこが、級位者と有段者の差みたいです。

布石段階で、はさむほうが良かったか、それとも受けるほうがよかったか、などと、プロも悩むところを、悩めるようになってくるのもこの頃です。

布石や、中盤戦の、この一手!という問題を出されると結構正解が出せるのもこの頃です。

大人は文字で勉強し、「なるほど!」と理解できれば、その真似が出来ます。
しかし、ヨセに強くなるということは、ダメ詰まりに強くなるということが含まれ、これには、慣れ(訓練)が必要です。

スポンサーサイト
[ 2009/01/30 18:32 ] →勉強法 | TB(0) | CM(0)

杉浦日向子さんの本

囲碁本のコーナーのとなりに、杉浦日向子さんのコーナーがありました。
杉浦さんは、囲碁・将棋を嗜んだのかどうか・・・・この部分に触れられたことはなかったように思いますが、江戸時代と囲碁・将棋は切ってもきりはなせないものです。

杉浦さんが先生格で出演していた「お江戸でござる」を、出張先のテレビで時々見たことを本屋で思い出した。
追悼と書かれた帯の、杉浦日向子コーナーを見て思い出したのです。

[ 2009/01/25 12:11 ] 未整理記事 | TB(0) | CM(0)

六冊の囲碁の読み物

最近、「八歩書店」と掲げながら、本のことに触れないのは、あまりに商売不熱心(?)ではないかと反省し、六冊、本を紹介します。

ブログに、このように本を横に並べるのって、けっこう苦労しました。

ま、それはどうでもいいことですが・・・・・例によって、古い本ばかりで恐縮です。

続きをみるまえにランキングを
人気ブログランキングへ

    ↑
最近将棋ブログに負け気味です
応援ポチをお願いします(ペコリ)




[ 2009/01/24 23:59 ] →書評 | TB(0) | CM(0)

がんばれ若手、鈴木歩さんに期待します

産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第21期女流名人戦」の本戦リーグ最終一斉対局が日本棋院で行われ、知念かおり四段が謝依旻女流名人への挑戦権を獲得した。

リーグ陥落は吉田八段、小林六段、向井二段の3人。

 謝女流名人との三番勝負は3月上旬から行われる。



今回、挑戦権を逃した鈴木歩四段には、世界タイトルの期待をしています。
プロには、私たちアマとはレベルの違う戦いを期待しています。
[ 2009/01/24 20:41 ] →囲碁談義 | TB(0) | CM(0)

詰め碁と実戦

詰め碁と手筋を本でやっていると、どうしても実戦で試してみたくなります。

基本死活をパソコン上でしつこくいじりまわすことと、「魔力シリーズ」にとりくむことで、石をとる技術は、低段者の部としては、相当レベルアップできたと思います。

こういう本を集中的にやっていると、自分の苦手な形というのが分かってきます。それを集中的にならべて、しつこく理解を深めていくというのが私の勉強法です。

昨年秋は、攻め合いになりそうだと、気分的に逃げていましたし、よほど条件が揃わないと殺すことなど出来ませんでした。
最近の戦いでは、結構自信をもって一手違いの攻め合いに突き進んでいくことが出来ます。
[ 2009/01/22 22:54 ] →読みを鍛える | TB(0) | CM(1)

東洋囲碁にお詫びを申し上げます

東洋囲碁の中国サーバーで間違った裁定をされて、勝ち碁を負けにされたとして、記事を書きました。
これが、間違いであったことが判明しました。

東洋囲碁の関係者の皆さん、ネット碁愛好家の皆さん、そして、当ブログをお読みの皆さんにお詫びします。

[ 2009/01/22 17:41 ] →囲碁談義 | TB(0) | CM(0)

三村ブログ→高尾ブログ

ブログって、その人の生の声が聞こえるようです。

三村智保九段のブログをみつけて、これはいいですよと、以前ご紹介しましたが、国際棋戦の草分けである富士通杯の代表になるかどうかの一戦、高尾十段とのことが書かれていました。
[ 2009/01/21 17:43 ] ■囲碁ブログの紹介 | TB(0) | CM(0)

東洋囲碁 中国サーバーの事件

東洋囲碁(タイゼム)を最近主戦場にしています。

中国や韓国の囲碁好きと打つと、思いもよらないところから手をつけてこられたり、少々無理気味の手を打たれたりし、それがなかなか勉強になるのです。

彼らと渡り合い、勝っていくためには、超概算の目算と、部分的な死活や手筋をレベルアップしなければならないな、ということも分かってきました。
[ 2009/01/21 15:55 ] →私の対局 | TB(0) | CM(0)

あいさつは何のため?

今日の産経新聞コラムに挨拶のことが書かれていました。
これを読んで、考え込んでしまいました。

[ 2009/01/16 17:14 ] →囲碁談義 | TB(0) | CM(1)

形勢判断する?しない?

死活が一局の勝敗のキーになるということを諭してくれた畏友Aさんに、最近勝率がよくないことをぼやいたら、

「形勢判断してないン、ちゃうかぁ?」

と言われました。



「ドキッ・・・・」

(めんどくさいので、さいきんさぼってました)

[ 2009/01/16 13:02 ] →勉強法 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。