東大式囲碁講座 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > スポンサー広告 > 東大式囲碁講座ホーム > →囲碁談義 > 東大式囲碁講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東大式囲碁講座

今日は、これまで三年間、日本棋院と日能研がスポンサーになって東京大学に講座をもうけていたという、囲碁講座のまとめ報告会というものに出席してきました。

出席するいきさつというのは、いろいろありましたが、わざわざ往復3時間以上掛けていくのは、好奇心でした。

全然囲碁を知らない東大生が、教え上手と定評のある石倉先生や梅沢先生、そして、これからでもタイトルの一つや二つは狙うという勢いの黒滝七段に教わると、なにが起きるのか・・・・・

続きの前に一呼吸

棋力向上のおまじないにポチしていってくださいね(よろしければ)
ブログセンターランキング

人気ブログランキングへ



二百人くらいの聴衆が来ていました。

学生さんたちがたくさんいるのではないかと期待していきましたが、おばさん、おばあさん、おじいさん・・・・・私なんか若手の部類じゃなかろうかと思えるほどの高齢者集団でした。

責任者の兵頭教授に質問が飛びました。

「なんで、いったんこの講座が三年で終わるんですか?」

教授のお答え「スポンサー(日能研)がこういうご時勢で、スポンサー継続できなくなった・・・・・・・日本棋院も、スポンサーを探してるけどなかなか・・・・・・・それに、私も、今月一杯で定年退官でして・・・・・」と、高齢化と不況は東大の講座にも影響を与えてるんですね。

囲碁を半年やった学生とやらない学生で・・・・・・

図形認識のレベルがどれくらい変化するかとか、言語能力はどうか、とかいかにも学問らしく研究しておられましたが、特に有為な差は、囲碁を半年かじったひとと、そうでない人にはないということでした。

わたしはその発表を聞いて、「まだ、5級に届くかどうか、という学生さんでは、脳が囲碁脳になってないだけじゃないか?」と思ったので、それを質問表に書かせてもらいました。

質問というよりも、「そりゃあ、あんた、データとって比べて差が出るほど、碁は甘く見たらあかんで・・・・・そんなに、学生もやってないやろ・・・」という感じで。

それに対して、脳の研究をしている倉島准教授は、とても率直にそれを認めてくれたんで、びっくりしました。

ああ、一流の人は、素人に仮説をひっくり返されても認めちゃったり出来るんだなと、感心しました。

長年囲碁を趣味としている人と、囲碁をたしなまない人との比較という話もありましたが、囲碁を打つ人は、金銭とか報酬に対する執着心が一般人よりも弱く、ひとつのことにこだわらないという傾向が明確に出ているということでした。それは、頷けます。

私のことを言われているのかと思いました。

そういうのって、何十人ものデータを取らなくても、数人の囲碁オタクの友達に聞いたらわかるような気もしますが、学問というのはそういうもんではないのでしょう。

石倉先生には

「中国や韓国に大変水をあけられてますが、入門者を増やすことと、国際棋戦で勝つことはどこかでつながってますか?」

という意地の悪い質問をぶつけましたが、裾野を広げることが必要という、まあ、一般論に終わりました。ただし、最近プロになりたての若い人は、石倉先生がプロになった頃より、うんと強いから、これからは期待できますよ、ということでした。

石倉先生は教え方も上手くて、大好きな先生ですが、こういうときに、なーんも遠慮せずに質問をぶつけました。

若い人が強いですよ、というときの石倉先生はとても嬉しそう、誇らしそうでした。

それは、信じて、楽しみにしたいと思います。



三時間もの講演会でしたが、少しも長いとは思いませんでした。

楽しかったです。

もっと碁が好きになって、夕方からずっとネット碁を打ち続けています。

そろそろ寝ないと、明日がある・・・・・




長文をお読みいただきお疲れ様でした。
応援のポチをしていただけるとうれしいです。
ブログセンターランキング

人気ブログランキングへ

 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!












スポンサーサイト
[ 2009/03/16 01:28 ] →囲碁談義 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。