結城九段?武宮九段? 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > スポンサー広告 > 結城九段?武宮九段?ホーム > →囲碁談義 > 結城九段?武宮九段?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

結城九段?武宮九段?

本日、NHK杯の決勝。
結城九段、武宮九段。

ともに、すごいところとぶつかって、凄絶な殺しであったり、一瞬の隙を捉えての逆転であったりと、この一年楽しませていただきました。

ビデオにとっているけど、見てはいない人もおられるかもしれませんので、どっちが勝ったのかわかるようなことは書きません。

タイトルに、「武宮さんすごい」とか、「結城さん、国際棋戦も期待してるよ」なんて書いてたら、つまらないですからね。

でも、あの碁をテレビで見たら、何か書きたくなりました。


で、お二人の代表的な本のはしがきをご紹介しようとおもいつきました。

まずは、黒番の結城九段
「ウチコミ大作戦」から抜粋します。

「ウチコミ」は相手の勢力圏での戦いにつながりますから、形勢判断によってウチコミを決意したならば、この一手と思い定めて決行しなければなりません。
しかし、ウチコミに打ち込むあまり全曲への気配りを忘れて、部分的には成功したが全局的には負け、ということにも要注意でしょう。



結城九段の本⇒○●◎


続きましては、握りまして白番の武宮九段
「武宮流 白番の勝ち方」からの抜粋です。

まったく同じ棋力なら、何番打っても「先手必勝」になります。
それは当然のことですね。
ですから、ハンディキャップとして、黒版にはコミ出しが課せられています。

それでも、アマチュアの皆さんの中には「どうも白番の勝率が悪い」と嘆いている方がかなり見受けられます。
「黒番なら自信があるけれど、白では勝てる気がしない。どうすればいいのでしょう」と、こんな相談もうけたことがあります・・・・

武宮といえば「宇宙流」をイメージされるはずです。
でも、私の碁の本質は「自然」です。局面によっては模様がふさわしくないケースも多々あります。
そんなとき、構想のよりどころになるのは自然で自由な発想です。



武宮九段の本⇒○●◎


さて、この一手と信じて、シノギを決行する早碁、早見えの結城九段か?
自然で自由な構想を描く武宮九段か。

下辺、武宮九段が打った守りの手と、私が打ちそうな急所のその間に打っていたらどうなったのか・・・・・・結城九段の踏み込みがさらにきつくなったのかどうか・・・・・

武宮九段からは、復活・ビッグタイトル取り宣言も出ましたし、時間が短い国際棋戦こそ、結城九段の本領発揮の場と信じます。

お二人の、これからのわくわくするような大活躍を期待します。

  

長文をお読みいただきお疲れ様でした。
応援のポチをしていただけるとうれしいです。
ブログセンターランキング

人気ブログランキングへ

 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!














スポンサーサイト
[ 2009/03/29 18:34 ] →囲碁談義 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。