ホーム > スポンサー広告 > goxi.杯の趣旨(その2)ホーム > goxicup > goxi.杯の趣旨(その2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

goxi.杯の趣旨(その2)

goxiというSNSは、棋譜を掲載したり日記を書いたりできる、囲碁ファンが集う場所です。この一文をお読みの貴方も、たった今goxiのメンバーになることができます。

私たちが大切にしている、囲碁コミュニティ goxi がどんな場所なのかを、概略理解していただくと、goxi杯が目指すものが見えてくる・・・・・そんな説明をさせていただこうと思います。

goxiに参加した人は、棋譜入りの日記を書いたり、他のメンバーの書いたものを読んだり、書き込んだりすることができます。

日記には、囲碁だけではなく、囲碁以外の趣味のこと、仕事のこと、悩みのこと、うれしかったことなどが書かれています。

日記を彩る写真を掲載している人も多く、読んでいるだけでも楽しめます。的な人がいるわけではありません。 
他の人の日記を見て、なんとなく書き始めた囲碁日記に、コメントが寄せられ、そのコメントをしてくれた人のことが知りたくなり、その人の日記を読んでみると、きっとなにか共感できることがあります。 
そのことをコメントにして書きこむと、そこから友達の輪が広がって行きます。

その時に、碁盤を自在に作り出し、貼りつけたりメッセージに添付して送ることができるgoxiは囲碁ファンにはとても便利です。

ほんの少しでも、相手のことが分かっている人とのネット対局は、見ず知らずの人とのネット対局よりもはるかに楽しいものです。
住んでいるのが海辺なのか、山中なのか・・・
試験が終わったって書いてあるから学生さんなのかな・・・・・
などと、そんな小さな手掛かりでも、ネット碁の画面の向こう側に、人がいることを意識させてくれます。

そんな対局場がついている囲碁コミュニティなんです。 (つづきは明日)
スポンサーサイト
[ 2010/02/24 22:34 ] goxicup | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。