ホーム > スポンサー広告 > 10級~1級の人にすすめたい2冊の本ホーム > →定石・布石 > 10級~1級の人にすすめたい2冊の本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10級~1級の人にすすめたい2冊の本

10級から1級の人が、有段にチャレンジするために、お薦めの二冊


ひと目の詰碁―やさしい問題を反復練習 (MYCOM囲碁文庫)

趙治勲さんは、ビッグタイトルを取れるだけとり、史上最強の称号に相応しい囲碁史に残る巨人です。
彼は、自分の弟子には基本死活を一目でわかるように覚えさせるといいます。
プロとは比べる必要もありませんが、やさしい問題を集成した「一目」シリーズは、実績のある名著です。皆さんにお薦めしています。


石の形 集中講義―楽に身につくプロの感覚 (MYCOM囲碁ブックス)

名誉棋聖藤沢秀行氏の高弟、三村智保九段が、わかりやすく、効率のいい石(=愚形の避けかた)をとことん解説しています。
石の正しいツギ方、重い石、軽い石。
何度も目からウロコが落ち、形が良くなる一冊。

愚形を作るということは、一手パスに近いのです。そうならないように形よく石を配置していけば、最後には、地が多くなったり、相手の石が取れたりします。

級位で足踏みしている人は、基本手筋に疎いか、あるいは、石の形が崩れてしまうか、このどちらかの可能性が高いです。


なにか参考になりましたら、応援をおねがいします

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!










スポンサーサイト
[ 2008/11/12 15:19 ] →定石・布石 | TB(0) | CM(2)
Nariです
 囲碁ブログを始めたのですね。
 私は、電気を使わないゲーム全般やってます。ただ、自分が強くなりたいというより、教えた相手に強くなって欲しいって思っています。そのために、時間があれば、こちらにも寄らせていただきたいと思います。よろしくお願いします。
[ 2008/11/16 01:06 ] [ 編集 ]
Nariさんこんにちは
教えた相手が上達するとうれしいですよね。
追い抜かれると、口惜しくてうれしくて、この瞬間が一番複雑な気持ちです。
囲碁は、10級くらいだと、棋譜を見て一人で楽しむことは難しいのですが初段位になると、囲碁ファンとしては自由に楽しめるようになるので、一応、初段というのを目標にしてもらっています。
[ 2008/11/16 08:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。