ホーム > スポンサー広告 > アマゾンで囲碁書籍をさがしてみましたホーム > →ジャンルで選ぶ > アマゾンで囲碁書籍をさがしてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アマゾンで囲碁書籍をさがしてみました

入門書や、囲碁の歴史など、グーグルやヤフーで検索するように、キーワード検索をかけてみたら、面白そうなものがたくさん出てきます。

自分では買わないにしても、図書館で見かけたら借りたいというものがいくつも見つかりました。



囲碁をはじめるなら
 囲碁を覚えたいという人がたくさんいるから、こんなにたくさんの本が出版されているだと思います。 ルールさえわかれば、世界中にネットを通じての友達が増えていきます。 子供向けにイラストが多く、コミック仕立てになっているものも多いです。これは、オトナが入門するときにも楽しいです。 



囲碁の雑誌
 月替わりで興味深いテーマを提示してくれる月刊誌は、囲碁ライフの貴重なペースメーカーです。
数年経つと、見直すのが懐かしくて中々捨てられないです。先日、昭和55年前後の碁の雑誌を50冊くらいもらいました。めくると、今は大家である、小林光一さん、武宮正樹さん、加藤正夫さん(故人)など、みんな若いなー(あたりまえですが)、と思い出にふけってしまいます。



囲碁の歴史、読み物
 囲碁は対局だけでなく、歴史をたどり、蘊蓄を傾けるという楽しみもあります。 源氏物語の中に、「そこはカケ目ですよ、こちらに手を入れるとセキになりますよ」という一文があるのだそうです・・・・・なんていうこと、知ってても碁の強さとは関係ない。でも、知ってると囲碁ライフが楽しいです。紫式部って、この一文から受ける感じは、有段者です。



棋士列伝
 古今の名棋士、大棋士、奇人変人のエピソード。 囲碁好きにはたまらないエピソードがここにあります。 地元の図書館には、この手の囲碁読み物が結構どこでも揃っています。 中山典之さんの名調子で、「昭和囲碁風雲録」を読みました。プロ棋士に知り合いがたくさん出来たような気がしました。



囲碁コミック
 ヒカルの碁だけじゃない。 幅広い方に愛されている囲碁がコミックにも広がっています。碁嬢伝は、オトナの囲碁コミックとして、上等だと思います。ヒカルの碁は、ブックオフなどで全巻そろえてもっておきたいコミックです。私のヒカ碁は、小中学生10人以上に読んでもらいました。その中には、今5段で打っている高校生もいて、それが私の自慢です。



囲碁小説
 へえ、あの人が、こんな本を書いていたのか、と驚いて、手に取りたくなるかもしれません。このリストには入っていませんが、川端康成氏の「名人」は、新潮文庫で出ています。これは、川端文学の隠れた名作だと思います。


PRESIDENT

/~\Fujisan.co.jpへ


週刊碁は、年間購読なら送料サービスです。
買い忘れがなくて、家に届くのは便利です。
一番ホットな囲碁情報とプロの解説のついた棋譜が便利です。


世界最大級のインターネット囲碁サロン『パンダネット』

ネット碁は、どこがお薦めですか、とよく聞かれます。
無料会員が多く、マナーが悪いけれど対局あいてに事欠かないサイトもありますが、有料サイトならパンダネットをお薦めしています。
マナーがとてもいいです。ヨーロッパやアメリカにも参加者が多いので24時間好きなときに世界中の囲碁ファンと対局できます。
プロ棋士による指導碁、石田芳夫九段監修の基本定石検索/死活ナビなど
豊富な囲碁関連サービスが魅力です。
ここでの段級位は、世界に通用する段位です。





なにか参考になりましたら、応援をおねがいします

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!









スポンサーサイト
[ 2008/11/19 12:57 ] →ジャンルで選ぶ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。