初段の壁を破る 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > スポンサー広告 > 初段の壁を破るホーム > →定石・布石 > 初段の壁を破る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初段の壁を破る

いい本が出ました。

碁の戦術

初段になるためには、基礎体力である読みを鍛えることと、定石の常識、実戦経験三本立てで考えると良いと思います。

定石を勉強したり、実戦で経験をつむに当たって、一応理解しておきたい考え方の整理に役立つ本です。

打っていいアタリと悪いアタリ、スソアキを積極的に相手に囲わせる作戦、三線と四線の使い分け、手割りの考え方など、知っているつもりで、意外と知らないことが書かれています。

「私もこんな手打っていた!」という手をいくつか見つければ元が取れる本です。
堂々と有段宣言をしたい方にすすめます。

同じジャンルで、初段の壁を破る法、初段の壁を破る発想転換法、初段へのパスポート、といったタイトルの本が出されており、こつこつと初段に近づいた人は、必ず何か一冊、自分のフィーリングにあうものを持っておくといいです。

私は、榊原章二九段の本(絶版)を後生大事に持っています。

いつ初段になったか覚えていません、という俊才には不要な本ですが、初段ってひとつの壁だよな、ということを強く数年前に意識した鈍牛八歩は、このジャンルの本が非常に種類が少ないと思っているので、こういう本が新しく編集され出版されることは大歓迎です。







なにか参考になりましたら、応援をおねがいします

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!











スポンサーサイト
[ 2008/11/26 18:20 ] →定石・布石 | TB(0) | CM(2)
榊原章二九段の本は立ち読みしたことがあります。
絶版になったのですか。
感想は「判ってるんだよな、でもな・・・」という感じで、結局買いませんでした。
「碁の戦術」も見てみようっと。
この時代の初段は、今の初段とは格が違うらしいから難しいかもしれませんね^^
[ 2008/11/26 23:30 ] [ 編集 ]
棋友さん
古本屋にいくと、結構ありますよ。
地方都市の古本屋が狙い目です。
あと、囲碁好きのおじいさん。
ま、そういう、囲碁オタク(八歩)のことはおいておけば、こういう本は、でたときに買っておく本ですね。だって、すぐに絶版になるんですから。
[ 2008/11/27 01:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。