上手の心構え 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > スポンサー広告 > 上手の心構えホーム > →囲碁談義 > 上手の心構え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上手の心構え

最近 Goxi でフレンドになったGさんの日記に、このようなことを書いてありました。

それを読んで、碁が強い人は、下手の前で、もしかしたら天狗になっていて、醜態をさらしているのかもしれないな、と思いました。


丸ごとコピペは気が引けるので、要約しますと・・・


上手との碁で、何もさせてもらえずいいとこ無しに・・・・・。
対局後にも相手の上手さんから 「こんなの碁じゃないよ。」との厳しいコメントもいただいてしましました。
対局内容どころか、自分の囲碁ごと否定されて怒りすら覚えましたがそれもこれも 自分の打った碁が原因なので。 
仕方ない・・・・愚痴はここら辺にしておき、高段目指して頑張っていこうと思います!




私は、 「こんなの碁じゃない」 というのは、碁を打った相手に対する暴言№1だと思っています。

碁を打ち始めた十年くらい前に、アマ5段くらいの人に 「ひどい碁だ」 といわれたことがあります。

こういう激しい言葉は、よほどの信頼関係がないと使えないと思います。

私は 「ひどい碁だ」 といわれ、それ以上何も教えようとせず、むっとしている様子をみて、そのとき、その高段者をちょっとかわいそうに思いました。

上手は碁に関して何をいってもいいと勘違いしていたからです。

まあ、今になって思えば、腕に自信のあるひとが 「いくつ置いてもいいよ」 といったのに対して、三子しか置かず、それでいてぜんぜん碁の体をなさなかったのだから、その人から見れば時間の無駄だったということでしょう。

「こんなの、碁(のアドバイス)じゃないよ」

「ひどい碁(ののアドバイス)だ」

と下手の方に思われないように、碁品を磨きたいと思います。

強くて、乱れなくて、堂々としていて、(ときどき妖しい手を打って、あとで、言い訳をする)・・・・そんな碁打ちになれたらいいな・・・と思っています。



なにか参考になりましたら、応援をおねがいします

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!











スポンサーサイト
[ 2008/12/02 09:14 ] →囲碁談義 | TB(0) | CM(3)
まずは、フォローから。
昔の碁会所は、指導をする。というイメージは全くないです。

とにかく、職人のようなもので、「技を盗め」「悔しかったら勝ってみろ」
といったような、体育会系の、のりです。

そのなで、暴言を吐かれ、悔しい思いをして、なんとか、強くなれた人。
いるはずです。
そういう方が、悪気はないがそれが道なんだ。
と、思い込んでいる方はいらっしゃるかとは思います。

いいかえれば、「負けん気を引き出してくれる手法」
とでもいえるかもしれません。

が、しかし
現代は、ちょっと社会にそぐわないかもしれません

囲碁が強い人が、指導できるかどうかは、別問題。
ようは、人間的にも仕上がってないと人に物事を教えることなどできないと思います。

私は単純に言葉を発するときは、まず「相手の立場、相手の気持ち」を理解して言葉にしています。

夫婦生活もしかり、会社生活もしかり。
すべて各々の立場を理解しないとうまくいきません。

ダラダラと書いてしまいましたが、何が言いたいかというと、このように、「こんなの碁じゃない」と発言されたことに対して、いい意味も考える。(相手の立場)

ってことかなと、思います。

先輩には無礼な文面となりましたが、お許しいただければ幸いです。

PS:ブログがんばってくださいませ。密かに応援してます。
[ 2008/12/02 12:52 ] [ 編集 ]
りきさんには、いつも激励のことばをいただきありがとうございます。
酒飲みながらの囲碁談義、やってみたいですね。
[ 2008/12/02 15:58 ] [ 編集 ]
 私の基本姿勢は八歩さんに似ていますが、りきさんの好意的解釈にも一理あるとは思います。

 何の分野でもそうですが、指導する立場の人が乱暴な言い方をし、言われた方がそれに反発して成長すると、「実はあの時それを期待してああいう言い方をしたんだ」という話がよくあります。

 しかし、それは相手の性格を知った上での指導法であり、初対面の人には適用できないはずです。相手の性格も知らずにそういう言い方をする人には、やはり指導する資格がないと思います。昔の碁会所ではそれが普通だったとすれば、そこに来ている強い人には指導するという考えがなかったのだと思われます。「盗め」「悔しかったら勝ってみろ」というのは、ニュアンスによりますが必ずしも暴言とは言えず、職人的指導法なのかもしれません。それはそれでいいのでしょう。

 現代でも、教えるつもりがなければ教えなくていいのですが、「こんなの碁じゃない」などという暴言を吐くのは、人間としての資質を疑われることだと考えます。
[ 2008/12/02 17:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。