ホーム > スポンサー広告 > プロやトップアマの指導碁レッスン料金ホーム > →勉強法 > プロやトップアマの指導碁レッスン料金

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プロやトップアマの指導碁レッスン料金

囲碁を打つ以上、すこしでも上達したいという気持ちがあるはずです。
このブログをよんでくれている方は、囲碁が打てるものと思いますが、上達するために、プロや高段者に指導料金を払って指導してもらっているという方は少ないようです。

よく、囲碁のイベントなどで、プロ棋士の多面打ち指導碁があり、無料サービスされていますが、あれは、勝ち負けを競う遊びでして、勉強にはあまりなりません。
本当は、打ったあと、同じくらいの時間をかけて、一緒に検討してもらうことが大切なんですが、そういう指導碁にはめぐり合えませんね。

一方、囲碁教室に行けば定石や手筋をおしえてくれて、後は生徒同士の対局というパターン。

やっぱり、個別に対局し、そのフィードバックが欲しくなりますね。

となると、碁もお稽古事です。授業料というのが気になると思います。
子供教室だったら、回数、時間、が決まっていて、料金も明記されていますが、マンツーマンで指導碁を打ってもらい、その講評をしてもらうという場合です。

碁会所、サロンで多面打ちで対局指導してもらうケースは、棋士の段位や、有名度合いによって大きな開きがあります。
また、会員へのサービスという位置づけをしているところが多く、会員と非会員では大きな開きがあります。

ネット碁では、棋譜を見てくれるサービスや、ネット対局と講評のサービスがあり、低段の棋士やアマ高段のインストラクターが指導に当たることが多いようです。これは大体、2000円~5,000円。

安いところは、対局時間が短くて、秒読みなし、切れ負けだったり、局後の検討があっさりとした講評に終わったりしがちです。

有名どころのサロンやネットサイトの指導について、こういうところを参考にしました。

タイゼム囲碁塾
http://igojuku.jp/03.html

関西棋院囲碁サロン
http://club.pep.ne.jp/Kansaikiin/i_saron.htm

日本棋院八重洲囲碁センター
http://www.nihonkiin.or.jp/yaesu/shidogo.html

日本棋院「幽玄の間」
http://taikyoku.nihonkiin.or.jp/

ダイヤモンド囲碁サロン
http://www.dis15.com/




■Goxiのフレンドが急に強くなった理由

一度、ネットで、私の碁友Aさん(本当は碁仇なんだけどGoxiのフレンドだから、碁友と呼んでおきます)が真剣に指導をうけているのを見学させてもらいました。
それほど有名人ではないけれど、アマトップクラスのO氏に三子置いて、持ち時間、各一時間の碁でした。

この有料指導のおかげでしょうか。
もともとAさんも5Dだから、強くて、華麗なうちまわしを見せる人なのですが、二子置けば、私も負ける気がしないとおもっていましたが、最近、二子で勝てないんじゃないかと思うようになりました。

ちょっと水をあけられた感じです。

対局が一時間半かかり、その後の検討が一時間半。自分の打ったばかりの碁を題材に、自分のレベルに合わせたアドバイスがもらえるのですから、上達しないわけがないのです。


■高名なプロの指導碁は別物と考えましょう

高名なプロに指導してもらいたい、ファンだから・・・・というときは、一局で10,000円~15,000円。
これって、コンサートの料金と同じ水準ですね。

ただ、タイトル戦に絡んでいるような、今が旬の棋士は中々むつかしいですね。
そういう棋士と対局したという喜びはあると思いますが、上達するためには、それよりも、波長の合う低段のプロ、あるいはアマ高段者と回数を重ねたほうがいいと思います。

自分よりも強い人というのは譲れない条件ですが、トッププロに習おうが、アマ高段に習おうが、級位者~低段の間はあまり変わりません。

碁を打つ方は先刻ご承知と思いますが、アマの級位者~低段の人にとって、プロというのは、とてつもなく強い存在ですね。

プロの初段とプロの九段の区別は、置き碁で打っていただいてわかるものではないです。

そして、アマの、県代表やそれに準ずるクラスの方もとてつもなく強いです。


■アマ高段とアマ低段の一番の違い

その強さの違いが出るのは、石の強弱を把握する力と、石の死活や切断に関する感度、精度だと思います。

プロや、こういう強い方の中には、気がついたらアマ高段になっていたとか、院生になっていたという人が多く、実は、初段前、あるいは低段で立ち止まっているアマに対してのアドバイスが下手な方が結構います。

「なぜ、この人は、ここを守らないんだろう」
「なぜ、こんな小さいものをとろうとするのだろう」

そういう、下手(ここは、「へた」と読んでください)の考えが理解できないわけです。

下手であった時期を記憶している高段者であれば、その方の勉強法が大いに参考になると思います。

わたしも、O氏とよく、スカイプで囲碁談義をし、そういう中から、上達のヒントをもらっています。

私も、Aさんにあまり差を広げられたら、O氏に同様の指導をお願いしようかと思っています。


■子供の上達法と大人の上達法

子供は、トッププレーヤーと同じ空気に触れるだけでも意欲が湧いて上達しますが、大人は、継続的で緻密なクリニックが、上達のためには必要だと思っています。

囲碁のインストラクターや、トップクラスのアマと懇意になって、日ごろから、自分の碁を棋譜日記やネット対局で見てもらって、時々対局指導をおねがいするという、かかりつけドクターみたいな人をもてれば、上達には効果的です。

囲碁SNS Goxi にはそのような集まりが自然発生的にいくつも出来ています。

そして、ここに来るプロや、トップアマのなかには、置き碁指導をしてくれる人が何人もいます。

通常、そういう置き碁は、お互いの楽しみとして打っていますが、本格的なレッスンをここで行ってもらうとしたら、対局とスカイプかチャットの指導で二時間~三時間、一回につき2,500円くらいが相場のようです。





人気ブログランキングへ

一日一回、応援をおねがいします

 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!












スポンサーサイト
[ 2008/12/03 14:43 ] →勉強法 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://happobooks.blog90.fc2.com/tb.php/33-5192505f

   ↑↑↑ブログランキング参加中 壁|ヽ(* ̄・ ̄)y-゜゜゜ぽちっっとしてってね~♪ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。