ネット碁会所案内 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > スポンサー広告 > ネット碁会所案内ホーム > ■囲碁サイトの紹介 > ネット碁会所案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ネット碁会所案内

ネット碁はどこがいいだろうかと、良く聞かれますが、絶対にこれがいい、というところはありません。
まず、無料で登録してみて、画面が見やすいかどうか、対戦相手が見つかりやすいかどうかなど、試してみることをおススメしています。


人気ブログランキングへ

  ↑
続きを読む前に応援ポチ

概して、規模の大きいところは、対局相手がすぐに見つかる反面、マナーの良くない人もいます。

初級あるいは、ネット碁になれないうちは、挨拶をしても無視されるとそれだけでどぎまぎしてしまうものですが、どうやら、中国・韓国には、挨拶をするという習慣がないらしいのです。

一応管理者がいて、マナーや、トラブルの対応もしてくれるところから、私が経験したサイトについての私見を紹介させていただきます。

規模の大きいところから行くと、パンダ、幽玄、東洋囲碁。


■パンダネット

有料サイトなので、単に荒らすだけの目的の変なヤツに遭遇する可能性は低いです。
欧米にも利用者がたくさんいて、彼らは平均的に言うと、アジアのひとよりも紳士・淑女であり、嫌な思いをすることが少ないです。

http://www.pandanet.co.jp/

挨拶をしよう、などのマナーアップキャンペーンを継続して行っていることから、大規模なサイトに有料会員として参加するならば、まず、パンダネットは候補になります。


■日本棋院幽玄の間

有料会員と無料会員に差がありすぎて、有料会員が無料と打ちたがらない傾向があります。 秒読みの声が、有料会員は選べるけれど、無料会員は「梅沢由香里五段」のみとされています。

これは、梅沢さんのファンとしてはとても不愉快ですね。無料会員には、秒読みの声は大竹新理事長、ということでぜひお願いしたいと思います。梅沢さんが、万波さんや、中島さんよりも魅力に劣るといわれてるようで、気分が悪いです。
ヒカルの碁の囲碁ブームの立役者で、今でも、一般に最も知られている棋士に対してあまりにも失礼ではないかと思います。

http://taikyoku.nihonkiin.or.jp/

とはいっても、悪いサイトではないのでご紹介しておきます。

有料会員にならないと、とても使い勝手が悪いです。有料をおススメします。
ただし、相手が無料会員の場合、自分には使える有利な機能があるが、相手にはないんだ・・・という、自分有利の不公平さに平気な人向けです。

私は、ダメでした。対等の条件でやらないと嫌だし、有利な機能を封印しても、相手はそうとらないだろうと思うと、勝ってもうれしくないのです。


■東洋囲碁

中国サーバー、韓国サーバー、日本サーバーとあり、有料会員には、プロ棋士のオンライン講座が豊富にあります。
対局相手がすぐに見つかるのでネット碁に積極的な方にはおススメできます。
ここで、常時1D(初段)が維持できれば、碁会所で3段以上が名乗れると思います。

有料会員と無料会員の差は、プロ棋士の講座の違いが大きく、対局上は大差ありません。
ネット碁を無料でたくさん打ちたければここがおススメです。

http://www.tygem.co.jp/

韓国ベースのサイトのため、勝敗に対する賭けが盛んです。
私も最初は全然興味なかったのですが、高段者の勝敗を最初の50手までで予想して、バーチャルマネーを賭けるのは、囲碁の勉強にもなり、楽しみでもあります。

ネット碁に相当慣れるまでは、日本サーバー限定で遊んでいたほうが無難かもしれません。
日本サーバーでは、対局トラブルにスタッフが電話で対応をしてくれます。


■KGS

無料のネット碁で、級位者の方におすすめなのはここです。

http://www.gokgs.com/

級位者がこつこつ昇級していくのにいいでしょう。
自分が最初何級かわからなくても、大体10級かな・・・・という設定で、対局相手を探してもらい、何局か打っている間に、適正級位に落ち着きます。
そういうシステムだから、高段者が初心者のフリして、15級なんかで登録して、弱いものいじめをしにくいシステムになってます。
他のサイトでは、自己申告制なので、高段なのに20級なんかで入ってきて、覚えたばかりの人をずたずたにしてしまうという、ゆがんだ人がたまにいるんです。

しかし、逆に、この自己申告が1K(一級)までしかできないものですから、他のサイトで5D、6Dで打っている人は、1K登録→勝ち進んで適正段位におちつくまでがとても面倒くさいのです。

その間、弱いものいじめをしているような、いやーな気になります。

級位者のかたや始めたばかりの人が、ここで上達していくのには適しています。


■パンダネットジュニア

http://www.pandanet.co.jp/junior/

高校生以下に限定した、パンダネットの無料サイトです。
子供特有の、超早碁で、対戦相手を見つけにくい九路盤もここならすぐに相手が見つかります。
最上級のランクには、院生がいます。
チャットが出来るおこさんであれば、子供同士で、どんな勉強してるというやり取りはいい刺激になります。

オトナが子供のフリをして参加しても、チャットですぐに化けの皮がはがれるらしいです。これは、私の長男から教えてもらいました。

一気に私をぬいていった秘密は、このサイトでの院生友達からの刺激のせいらしいです。

参加に保護者の同意文書が必要となります。




■石音

ひとつだけ、小規模の高品質ネット囲碁サロンを紹介します。

http://www.ishioto.jp/index.cgi

会員制囲碁サロンをネット上にもってくるとこういうサイトになります。
有料ですが、一ヶ月程度お試しができ、その間に管理人さんやメンバーの方との相性をチェックできます。
リーグ戦が盛んです。また、都内の碁会所でのオフ会も、管理人さんのお世話でしょっちゅう実施されています。

ここの特徴は、なるべく個人の情報をお互いに知り合うという方針にあります。
もちろん、まったく嘘をつく気になれば防ぎようはないのですが、基本は、顔写真と職業・年齢を示すことになっています。

それが、顔の見えるネット囲碁サロンの特徴です。

非常にマナーが良く、また、手持ち無沙汰にしていると、管理人さんが、「打ちませんか」と声をかけてくれ、局後の検討にもつきあってくれることが多々あります。

月額二千数百円は、むしろ安いとさえいえます。
チャットの苦手な方に代わって、管理人さんが、その旨口添えしてくれたこともあり、非常に雰囲気の良い碁会です。

少し、碁がわかってきて、ネットで誰かに教わりたいな・・・・と思う人は、思い切って、石音会員になって管理人の根本さんに教えてもらったらいかがでしょうか。
爽やかなスポーツマンで、囲碁の指導も非常に上手です。

囲碁教室に通うよりも安くて内容が濃くなると思います。


■Goxi

ネット碁会所というよりも、碁好きの交流サイトです。
ここでも対局は盛んですが、対局だけにとどまらない、囲碁の魅力が詰まっています。

http://goxi.jp/whats_goxi.html
囲碁好きが集まる、SNS Goxiには、棋譜掲載機能があり、皆さんが、Goxiスクエア対局場や、上記他のネット碁会所で打った棋譜をアップしています。
もちろん、囲碁に関する話題や、日常の雑記も豊富で、書いている人のことがだんだんわかってきます。

そういう、囲碁友達をつくり、その人とネットで碁を打つというサイトです。
局後の検討も盛んで、ここで脱初級→有段、となった人も多いです。

先ずは、参加して、自己紹介をすると、きっと誰かが、「こんにちは」というメッセージをくれると思います。

オフ会も盛んで、私も何度も出かけました。スカイプを使ってしゃべりながら検討をする会も盛会です。

ネットコミュニケーションが上手な若い人や、女性が多いのも特徴です。

今、私の周りでホットな話題は・・・・Goxiが縁となって、ある一組が結婚するかもしれないということです。
囲碁、それもネット碁が取り持つ合縁奇縁・・・・・これって、ビッグニュースかもしれません。 
続報をお待ちください・・・・

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




一日一回、応援をおねがいします



 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!












スポンサーサイト
[ 2008/12/25 15:14 ] ■囲碁サイトの紹介 | TB(0) | CM(3)
パンダネットジュニアってあるんですね。

息子がチャットできるようになったら、参加させてみようかしら・・・
[ 2008/12/25 16:29 ] [ 編集 ]
自分でチャットできるんだったら、子供同士というのは楽しいみたいですよ。
[ 2008/12/25 22:14 ] [ 編集 ]
囲碁きっず(http://www.igo-kids.com/)もあります。無料サイトです。
[ 2008/12/26 10:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。