赤塚不二夫さんの囲碁 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > スポンサー広告 > 赤塚不二夫さんの囲碁ホーム > →書評 > 赤塚不二夫さんの囲碁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

赤塚不二夫さんの囲碁

赤塚不二夫さんが囲碁の入門書を書いていたことを思い出して、検索してみました。

その本の題名が、この二つであることはすぐにわかりました。

「ニャロメのおかしなおかしな囲碁格言」

「ニャロメのたのしい囲碁入門」

復刊リクエスト投票というサイトにいきあたり、ハンドルネームくらいは存じ上げている方の名前を見つけました。


復刊リクエスト投票

2008.11.27 igotti 楽しく入門できそう。
2007.07.29 ポール 漫画で楽しく囲碁を学べたらと思って、希望しました。
2005.01.27 aggy 囲碁を再入門したい。
2003.05.31 s-blue 囲碁に関する本は復刊させたいから。題名が良いから




私は、本自体は読んだことがないのですが、家庭教師をしていた学生時代に小学生の本棚にあるのを見た記憶がありました。

赤塚さんがおそ松君で大人気になり、小学校の朝礼で、校長先生が「みなさん、シェー、をしてはいけません。禁止します」と発表され、即座に「シェー」をやり、廊下に立たされたくらいに、教育現場と赤塚漫画は相性が悪かったのですが、赤塚さんは、理科や社会など多くのジャンルの楽しい勉強モノを書いています。麻雀の入門書もあります。

肩に力をいれずに、ご自身が面白いなあ、と思ったものの、面白さを表現する天才だと思います。

復刻されたチビ太のおでんも好評だと聞きます。

どういう説明をしているのかな・・・・・天才、バカボンの生みの親が、どんな入門書を書いているのか、知りたいと思いました。

中古書籍に何千円も払ってまで見たいわけではありませんが、図書館や、知り合いの手元にあったら、一度は見ておきたいな・・・・というくらいには興味があります。
 


写真がないとつまらないので、さがしてみましたら見つかりました。
小さい画像ですが、楽しさが伝わってくるようです。
 
nyuarome2.jpg


田舎の小学校の図書館の片隅なんかに、あるのかもしれませんね。

もしかして、あなたの本棚のどこかにありませんか?

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




一日一回、応援をおねがいします



 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!











スポンサーサイト
[ 2009/01/07 16:29 ] →書評 | TB(0) | CM(3)
奈良にある囲碁が打てる居酒屋「みなみ」に置いてますよ。

読んだけど、個人的には正直面白くはなかったですね。
[ 2009/01/07 21:43 ] [ 編集 ]
奈々瀬さん
奈良ですか。流石に、旧い物が保存されている土地柄ですね。
囲碁が打てる居酒屋というのがステキですね。
面白くなかったという赤塚さんの本、ますます読んでみたくなりました。
図書館で検索してみることにしました。
[ 2009/01/08 08:15 ] [ 編集 ]
赤塚さんのニャロメシリーズには、囲碁の他に、麻雀のものもあって、お付き合いで覚えようと思った時に、一時お世話になりました。

結局、その時、うろ覚えで1回やったきりで、今、目にする機会はあっても、全然覚えられてないですけれど^^;;

将棋のものもあったんじゃなかったかな!?って思います。
[ 2009/01/09 14:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。