プロ同士の置き碁 八歩書店

囲碁好き店主です。

ホーム > スポンサー広告 > プロ同士の置き碁ホーム > →ジャンルで選ぶ > プロ同士の置き碁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プロ同士の置き碁

戦って勝つうわ手攻略法は、置き碁の名企画本です。

なにせ、対局者がすごい。

 趙治勲 四子  小川誠子 白

 武宮正樹 三子 石倉昇 白

 梶原武雄 四子 依田紀基 白

こういう組み合わせで全12局。

一流プロがシタ手の立場で石を置くというのが、まず珍しいですね。


2000年3月出版となっているから、趙さんが名人、本因坊、棋聖を総取りのときです。よくまあ、こんなビッグネームがたくさん置いて打ったものだと思います。

武宮さんが三子置いた対局の宇宙流っぷりを、したに掲載しますね。
おもしろいです^^
人気ブログランキングへ

  ↑
ランキング応援よろしく~♪

 takemiya.jpg



趙さんが四子も置いたら、小川さんの白石は皆殺しにされちゃうのではないだろうか? 
しかし、ガキの頃の趙さんと一緒にお風呂にも入れてもらい、かわいがってもらったというお姉さん相手にそんなことをするかなあ? という興味もあります。

武宮さんが三子置いたらやはり宇宙流になるのかどうか。
梶原先生が四子置いたら、梶原流の外回りになるのかどうか・・・・・

久しぶりに引っ張り出してみたら面白いの何のって。


こんな記述があります。

小川「でもね、私は治勲さんを素直じゃないとか、ひねくれてるとか、生意気だとか思ったことは一度もないわ」
趙「おそらくそれは、僕が誠ちゃんをすきだったからですよ。誠ちゃんが僕を可愛がってくれたからですよ・・・・・」
小川「・・・だから、あなたがなついてくれてすごくうれしかったの。かわいくってね、手をつないで歩いたり、おんぶしたり。あなたは私の背中で寝ちゃったりしたのよ」
趙「おんぶされて寝たのまでは覚えてないけど、誠ちゃんを好きだったのは、よくおぼえている」

こういう、棋書を読むと、碁が分かるようになってよかったなあ、としみじみ思うのです。



戦って勝つうわ手攻略法―異次元・プロの置碁

置き碁の参考書



人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




一日一回、応援をおねがいします



 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!









スポンサーサイト
[ 2009/01/10 18:19 ] →ジャンルで選ぶ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。