ホーム > スポンサー広告 > 形勢判断する?しない?ホーム > →勉強法 > 形勢判断する?しない?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

形勢判断する?しない?

死活が一局の勝敗のキーになるということを諭してくれた畏友Aさんに、最近勝率がよくないことをぼやいたら、

「形勢判断してないン、ちゃうかぁ?」

と言われました。



「ドキッ・・・・」

(めんどくさいので、さいきんさぼってました)

Aさんは関西在住のトップアマで、八歩のブログ友達です。



形勢判断が重要だということは、一ケタ級の人以上であれば、一応理解しているはずです。

私もそのつもりでした。

しかし、Aさんに敬意を払って、その意見に耳を傾けることにしました。

敬意を払うついでに、指導料も払えばいいんだけど・・・・とりあえず、敬意だけ・・・・囲碁上達のヒントを聞きだしました(ゴメンね)。

お礼の意味で、ここにブログのリンクを置いておきます
見てね~。
きっと、ここから、何千何万ものアクセスがありますよ・・・・(目算でたらめだな・・・・ww)


西川のりおみたいなだみ声の関西弁でしゃべることを、そのままかくと混乱するので、私の言葉で補正してお伝えします。

勝手にPR:ネット碁でインストラクターもやっているので教えてもらいたい人は取り次ぎます。

Goxiに参加して、探せばすぐに見つかると思いますけど、ね。



八歩さん、|鉄柱|・ω・`)ノ
しょもな・・・・━━╋⊂( ´ー`)彡 スパッ (・∀| |・)?
www
(。◕ˇ_ˇ◕。)しらんわい


と、こんな感じの文字チャット(例)だったり、スカイプのマイクをつかっての がはは対談だったりしますんで、それはそれでとても愉快なのですが、本日はそのエッセンスのみです。



Aさんが言うには、中盤過ぎて、石が込み合ってきたときに、級位者や低段者の碁をみると必ず何箇所も手になるのに見落としているところがあるといいます。

それは、私の碁で指摘してもらったときもいくつもありました。その中には、指摘されたら「あ」と気がつくものと、「それは、私にはみえないなあ」というものがありました。

アマトップレベルなら気がつくが、対局者レベルでは気がつかないことは多いわけです。

それは、技術的な問題だから、実戦や詰め碁・手筋で自分を鍛えていけばいいだけのことだといいます。それは、碁の根本的な力のアップということです。



戦いが一段落して、形勢判断をする習慣をつけると、無理を承知でやっていかないといけないのか、それとも、読みきれないことはしなくていいのかが分かるというわけです。

それが安定した勝率をもたらすといいます。

そして、形勢判断~目算は、練習次第で誰でも早く、正確になるとも言います。

人それぞれに、数え方や鍛え方の工夫があるようですが、要は、形勢判断をする習慣をつけるといい、ということでした。

漠然と、着手を探すのではなく、

「このままではコミが出せそうにないから、もっと踏み込む手はないか・・・・・」

という目で探せば、なにか見つかることがあります。 
はっきりと見つけられなくても、何かありそうだと勘が働き、手にすることも出てきます。

劣勢の碁でも、劣勢と気がつくのが早ければ、踏み込みをきつくして逆転の可能性があります。
それに、どうせ劣勢なんだから、踏み込みすぎてとがめられたらそれまでですが、それが碁というものでしょう。

これを繰り返しているうちに、石の切断や、ヨセの手筋がすこしづつ身についてきた感じがします。

もっと、死活や手筋を鍛えたいという欲求が湧いてくるんです。



「このままじゃ負けだな・・・・どっか切れるところはないか?」という目で見るようになりました。

ただ、私が一応の形勢判断をするのに、一回三分くらい掛かります。
しかも、かなり怪しいのです。
でも、それを面倒くさがらず、やる心構えが大切なのだと思います。

形勢判断に取り組んだ最初は、もっと時間が掛かっていたし、数え終えたらもうつかれたー、という気になってましたが、最近はあまり疲れません。

私は、他人が打っているネット碁の終盤を選んで見学し、勝敗と目数の予想をするようにしています。

以前は、八歩の、占いみたいな形勢判断だから、当たるも・・・・当たらぬも・・・・「八卦」と謙遜していましたが、最近だいぶ精度が上がってきました。

読みや知識以外に、囲碁上達に欠かせないものが形勢判断なのだな、と思います。。

外れてもいいから、形勢判断の練習をすることは着手の方向性を決める意味でもとても重要なようです。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




一日一回、応援をおねがいします



 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!












スポンサーサイト
[ 2009/01/16 13:02 ] →勉強法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。