ホーム > スポンサー広告 > 目標をつくる(林海峰)ホーム > →棋士のことば > 目標をつくる(林海峰)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

目標をつくる(林海峰)

こんにちは、八歩です。
今日は、「囲碁」誌 巻頭言からの、林海峰九段の言葉をお届けします。

昭和40年代は、林さんを中心に碁界が動いていたといっても過言ではありません。鬼のように強いといわれた坂田九段を、何度も何度も、半目勝負で破り、そして、タイトルを次々に奪っていったのです。

ところが、それを、同世代の、ライバルと目されていた大竹さん(現、日本棋院の理事長)に奪われたり、また奪い返したりという死闘が繰り広げられ、そのあと、林さんの半目勝負強さを超える半目の勝負師、石田芳夫さんが登場し、そして、加藤、武宮、小林、趙・・・・・と、木谷一門の隆盛=日本の囲碁界の隆盛に連なっていくわけです。

あのころの、熱気は、今のプロが国際棋戦で勝ちさえすれば、すぐに取り戻せます。

この当時、アマチュアに寄せられた言葉を、もう一度、若いプロの皆さんは自分に向けられた言葉として受け止めてもらえないものかとおもいます。

だったら、お前が代表になればいいじゃないかとは言わないでしょう。
私には、代わってあげたくても国際棋戦に、代わりに出てあげることはできません。日本の碁界のファンとしては、本を買ったり、イベントにでかけたり、たまには棋士の指導をうけたりという金銭面での支援しかできません。

代表として勝ちに行くためには、それなりに、犠牲にするものも多いと思います。いいじゃないですか、国内棋戦なんか、パスして、国際棋戦一本に絞って勝ちに行っても。

がんばって、勝って見せてください。

目標を作る

専門棋士の打ち碁を並べるのは確かに勉強になりますが、ごく弱いうちはよくわからないし、そんなに楽しいものでもありません。
また、定石を一つ一つ覚えても数限りなく、相手がちがう手できたときにはがたがたになる恐れがあります。

ぼくの場合は、結局、実戦でした。
碁は兄から教えてもらったのですが、その兄がぼくより二、三目強かったので、追いつこうとがんばったのが上達につながったようです。

あとでていねいに教えてくれればべつですが、自分とあまり力の開いた人と打っても、相手の考えていることがさっぱりわかりません。
しかし、自分よりちょっと強いくらいの人なら、相手の考えていることはわかり、そして自分よりはもう少しいい手を打つという違いだけになります。
したがって、つねに、自分より二、三目強い人を目標に設定すれば、少しづつ引き上げられていくことにもなるでしょう。

もちろん、その間、じぶんなりに地力をつけることも考えていいでしょう。
たとえば定石の勉強をするのもよく、ただしそのときは、定石の手順を覚えるのではなく、定石に含まれる石の運びを感じ取るように努力するのです。
林海峰



林海峰先生の本⇒◎●○

中国流の研究では第一人者である林先生の大型本を二つご紹介します。
両方とも、見出しのかわりに碁盤の絵が掲載されていて、自分の使ってみたい手や調べたい手からさがしていく辞書のような形式です。
林先生は、テレビの解説などでは、形勢についてあまり断定的に言わないようにおもいますが、この二冊の本のなかでは、「これでは、だめです」「黒がいいです」とはっきりと述べられています。辞書的な棋書では、これも一局という書き方がおおいのですが(局面の他の隅との関連もありますから、しかたがないですが)、そのために、見出しの碁盤も、盤全体の布石と鳴っています。
自分の経験した形から、説明を読んでいくと、非常に理解しやすいです。





お読みいただきありがとうございます。
応援のポチをしていただけるとうれしいです。

ブログセンターランキング

人気ブログランキングへ

 







楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
あなたの欲しい本を探そう!


















スポンサーサイト
[ 2009/02/19 11:35 ] →棋士のことば | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

happobooks

Author:happobooks
世界に広がっている人気ゲームの囲碁なのに、なぜか日本では囲碁人口減少中。それを憂える、ぼやきオヤジの囲碁ブログです。

検索フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。